ロリポップでサブドメイン作ってワードプレスインストールしたらメインのやつすべて消えた話

動機

コロナのせいでバイトもどうなるか分からないので、リスク回避も込めて、在宅で稼げるようになりたいと思っていました。

ココナラでは大学生、大学院生向けに課題や院試のお手伝いをしていて、ありがたいことにご好評いただいております。本当に貴重な収入源です。手伝えることあるなら何でも言ってください。

しかし毎月買っていただけるとは限りません。リスクは分散しておくに越したことはありません。

ということで、WEB製作(ワードプレスやホームページ作成)をやっていこうかと思いつきました。

目標を明確にしようと思い、クラウドワークスやランサーズで実際の案件を見てみると、「ポートフォリオなるものを提示するのが有効」ということを知りました。要するに履歴書ですね。

このような背景からサブドメインを使って、ワードプレスの違うテーマを使ったり、自作でコーディングしたりしようと思っていました。

しかし、そこで事件は起こったのです。。。

ロリポップでサブドメインを設定後、ワードプレスの簡単インストール

私の使うロリポップではサブドメインを簡単に作ることができます。

いざ、サブドメインを設定して、ワードプレスを簡単インストールしようとしました。

しかし、設定しようとするとエラーが出たのです。スクショはとり忘れました。(この後、戦いが待っているとも思っていなかったので、、)しかし、以下のサイトと同じものです。

いろいろ調べたところ、.htaccessなるファイル名を書き換えれば良さそうという結論に至りました。(今思えばここでもう少し調べておくんだった、、、)

ただ、これは私がサブドメインのインストールに失敗した例なので、サブドメインにWordPressをインストールする人は真似しないでください!!

.htaccessの書換え

ロリポップFTP(ファイルいっぱいあるやつ)にアクセスして、「.htaccess」を「.htaccess1」に変更しました。そして、ワードプレス簡単インストールをしてみると、無事に成功しました。

やったぜ!

それが、「その日最後の喜びの感情」でしたが、この瞬間に悲劇は起こっていました。。。

ワードプレスを開く

まずはサブドメインの方

IDとパスワードを入力してログインすると、無事に新しいワードプレスがインストールされていました!

テーマやプラグインは引き継がれてるんだ(正しくは引き継がれない)、と感心したのも束の間、違和感を感じました。

ん?サブドメインの方は別で新たに作られるはずで、データベースも新たなフォルダに作られるんじゃないのか、、?

次にメインの方

次にメインの方を見ようとすると悲劇に気が付きました。

絶望の写真

「そのアカウント名は存在しないか、間違っています」

何度打っても無情に映し出されるこの画面。そうです。すべて上書きされていたのです。はてなブログから引っ越して、3日目。1記事と1下書き、そしてテーマのカスタマイズがすべて消えてしまっていました。

信じたくない思いから、いろいろ調べるも復活することのない「マイアカウント」どうやら、上記で行ったよくわからんファイルの書き換えが直接の原因ではなく、「サブドメインへのワードプレスのインストールの仕方」が間違っていました。

しばらく絶句でした。しかし、どれだけ絶句しようがどれだけ画面を殴って壊そうが、失ったデータは返ってきません。

3日しか経っていなかったこと、調べながらいろいろやっていたためデータはなくなったが知識は付いていたこと、など、ポジティブに考えるしかありませんでした。

ワードプレス再構築

かなりショッキングでしたが、時間が経てば経つほど切り替えるしかないと思えるようになりました。知識が3日前より付いている今なら効率的により良いサイトにできると思います。

いつの時代においてもどこの会社においても主張される「バックアップの重要性」を改めて実感しました。

作ったデータはもちろん、その過程も大事だなと思い、まずはエラー集を作りました。カスタマイズでやったこともまとめていこうと思っています。

まとめ

生産性アップのために、遠回りすることも大事です。目の前では遠回りに見えても長い目で見れば近道です。肝に銘じても銘じきれないこの本質を肝に銘じるよう努力したいと思います。

Follow me!