【書評】「メモの魔力」~自己分析とは、事実から考えて分析すること~

メモ

はじめに

前田裕二さんの「メモの魔力」の書評です。この本は、社会人はもちろん、就活生にとってもすごく有効な本です。というより、就活生にこそ読んで欲しい本です。この本をまとめるなら、

「事実を抽象化し転用する、考え方のノウハウ」

が記されている本です。

 メモの魔力との出会い

前田裕二のイメージ「チャラ男」⇒「師と呼びたい」

就活が本格的に始まる直前の冬頃。第一志望の企業のインターンシップには二度落選し、自身を失いかけていました。しかし、Youtubeで前田裕二さんの動画を見て、「頭の良い人だなあ~」と思いました。石原さとみの彼氏で、なんかちゃらそうな人としかイメージがなかったんですが、興味がわきました。そこから、前田裕二さんの著書「メモの魔力」を読んで、私の前田裕二さんに対するイメージは、「師と呼びたい」存在に変わりました。

簡単な本の要約

本の内容はとてもシンプルです。メモの重要性を説いているのですが、そのメモのとり方がキーポイントです。メモ帳を見開きで使います。左ページに事実を。右ページを半分に分けて、その左側に事実を抽象化します。そして、その抽象化した考えを他のことに活かせないか、次に活かせないか、転用します。

  1. 事実をベースに
  2. 抽象化した考えを導き、
  3. 転用する

ことがこの本の本質です。これは、もちろんメモの書き方ではあるのですが、世の中のすべての考え方に通用すると思います。論理的思考力(ロジカルシンキング)の一つの側面だと思います。

何を当たり前な、と思うかもしれませんが、意外とみんなできていないと思います。論理に飛躍があったり、そもそも事実ベースで考えられていない。

この本質について、具体例や考え方、その重要性を1冊を通して描かれています。

行動に移すか移さないか

他の書評(20文字でまとめる!)でも述べていますが、本を読んで行動することが最も大事です。行動に移さなければ、その読書はただの消費です。

前田裕二さんは、このメモを大学時代からずっと続けているそうです。この行動できるかできないか、が結局成長できるかできないかにつながると私は思います。前田裕二さんは、この考え方

  1. 事実をベースに
  2. 抽象化した考えを導き、
  3. 転用する

だけを伝える本でもよかったと思うし、そっちの方が汎用性が高い気がします。しかし、「メモを取る」というとても行動しやすい内容に落とし込んでくれています。そこまで考えて、この「メモの魔力」という内容にしたんじゃないかと思い、さらに前田裕二さんを尊敬するばかりです。。。

結局、何が言いたいかと言うと、とりあえずやってみましょう。騙されたと思って。

就活生にこそ読んでほしい理由

冒頭にも申したように、この本は就活生こそ読むべきです。

自己分析=過去の自分から未来の自分を考える

自己分析は何のためにやりますか?エントリーシートを書くため。やりたい職種を考えるため。いろいろあると思いますが、「メモの魔力」を読んだ私は

「過去の経験(事実)から自分がどういう人間なのかを考え(抽象)、どういう仕事をしたいか(転用)考えること」

だと思います。これを意識しているかしていないかで、エントリーシートの書き方も、企業選びも、面接での話も、すべて変わってくると思います。

過去の経験は変えられない事実

過去の経験は変えられない事実です。「みんなに推薦されて、やりたくもない部活のキャプテンになった」「基本的に負けるのは悔しいけど、あの時は負けても悔しくなかった」など、いろいろな事実を書き出します。理想は、小さい頃から順々に思い出していって、その一つ一つについて考えていくことです。しかし、なかなか難しいので、まずは思い出しやすい直近のこと(大学や高校時代)のことから考えていきましょう。

経験してきたことというのは、そこにどんな背景があれ事実です。大事にしていきましょう。

事実から自分が何を考えていて、何を目指しているのか、考える

その事実を抽象化します。例えば、上記の例の一つ「基本的に負けるのは悔しいけど、あの時は負けても悔しくなかった」で言えば、その悔しくなかった時を考えてみて、

「あれは高校の部活の引退のときだったな」

「なんで悔しくなかったんだろう」

「負けるとわかっていたから?すべてを出し切ったから?引退後を見据えていたから?」

「じゃあなんでそう思うと、悔しくないんだろう」

といった感じに、なぜなぜを繰り返し、できるだけ抽象化していきます。

以上の考えから、自分のやりたいことを考える

そしてここから、じゃあ私は何を今後したいんだろう、と考えていきます。「負けず嫌いではあるけど、トップを目指したいわけではない」という抽象化に落ち着いたとすると、「じゃあ大企業でほどほどに地位を築いて、家庭を大事にすればいいか」とか思ってもみない転用に行き着くこともあります。

このように考えることで、就活をしている周りの環境に流されることなく、自分の軸をしっかりと持つことができます。さらにそれは事実ベースなため、面接でも論理的に伝えることができる軸で、就職後のミスマッチもなくすことができると思います。

間違っていても大丈夫

後から、その考えが甘かったり、間違っていたりしたことがわかっても大丈夫です。結局は人生なんて、自己満足の世界で正解なんてのはありません。そのときに自分が納得して、進むことができればそれで幸せですし、そのときに必死に考えたことは必ずいつか役に立ちます。それほど深刻に考えずに、でも、真剣に考えることが大事です。

まとめ

就活生にこそ、この本を読んでほしい思いが伝わりましたでしょうか?事実ベースの考えは、社会に出ていく上で、すべてに活用できると思います。就活を就活のために終わらせるのではなく、人生のために有意義なことにしていきましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA